fc2ブログ

汝、龍ノ如ク駈ケル

2014年から通い続けたJR高山本線。撮り貯めたカットはまだまだあります。

2019年12月 飛騨川橋梁巡り  渚(JR高山本線)



益田川橋りょうを往く〈キハ85〉。

晴れそうで晴れないこの日の天気。
わずかに薄雲が抜けて青空が顔を出す瞬間もあったが、〈ひだ号〉の通過時刻になるとご覧のありさま。

新緑の時季に再訪しよう。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/25(火) 07:48:05|
  2. JR高山本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年12月 飛騨川橋梁巡り  渚(JR高山本線)



益田川橋りょうを往く〈キハ85〉。

渚駅からここまで戻って来て、改めて標準ズームで撮影。
帰宅後にパソコンで現像、イマイチしっくりこないのはカメラ位置が低すぎたせいだろう。

春になったら、再チャレンジしようと思う。
雪代で増水するだろうから、流されないように注意しよう。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/18(火) 07:48:05|
  2. JR高山本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2020年1月 EF64原色重連貨物  日出塩(JR中央西線)



墨絵のような景色を往くロクヨン原色重連貨物。

木曽路はこの冬一番の降雪となった。
低く垂れこめた雪雲のせいで、背後の山峰が隠れてしまうほどだ。
ここへ向かう道中では標準ズームでその稜線も背景に収めるつもりでいたが、やむなく計画変更。

やはりロクヨン貨物には雪景色がよく似合う。
今日は無理してでも出掛けてきてよかった。


さて、ときどき思う事がひとつ。
撮影位置の自由度が高くどこからでも狙い放題の場所でひとり三脚を立て陣取っていると、
あとから来られたご同業がピタリと真横(または前後)に並ばれることがたまにあります。
はじめから“正にこの位置で撮るのだ”と決めていらしたのであれば一向に構いませんが、
はたしてそうなのか?

広い撮影地に赤の他人2名が左右または前後に並んで撮影している姿は何ともシュール・・・。

ただそれを不快と思っているわけではなく、列車通過まで画角やピントの微調整に時間を
割きたいのが事実で、長話しでシャッタチャンスを逃したくないのが本音です。

ご同業となるべく違う画を撮りたいと思うこともあって、自由度の高い撮影場所では少なくとも
真横(または前後)は避けるように心掛けています。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/11(火) 07:46:04|
  2. JR中央西線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年12月 <キハ85系ワイドビューひだ>の交換  渚(JR高山本線)



渚駅にて交換するキハ85系〈ひだ号〉。
下りの〈ひだ号〉があと10メートル奥に停車してくれるとよかったと思う。

昨年12月放送の充電旅ではこの踏切を電動バイクが通過したようだ。
渚の道の駅では私も珈琲牛乳をたまに飲むが、この近所で搾乳されたものが使用されていたとはビックリ。
あれは本当に美味い。また飲みたくなった。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/04(火) 07:48:05|
  2. JR高山本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キハ85完全引退後の撮影対象悩む

影鉄

Author:影鉄
  
撮影スタイルはマニュアル露出&
マニュアルフォーカス、三脚使用の置きピン・非連写・一発勝負。
当面はボディ1台、レンズ2本で
陽陰明暗な鉄道風景写真を目指します。

本ブログで紹介している写真・文章の無断転載・引用はご遠慮ください。

最新記事

最新コメント

お問い合わせ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カテゴリ

未分類 (0)
JR篠ノ井線 (28)
JR中央東線 (20)
JR中央西線 (82)
JR飯田線 (2)
JR高山本線 (422)
松本電鉄上高地線 (5)
赤沢森林鉄道 (20)
珈琲ブレイク (19)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: