fc2ブログ

汝、龍ノ如ク駈ケル

2014年から通い続けたJR高山本線。撮り貯めたカットはまだまだあります。

2017年4月 飛騨川橋梁巡り 上麻生(JR高山本線)



桜満開の飛水峡を往くキハ85。

飛水峡で岩のゴツゴツ感を強調するには、日の出直前または日没直後が狙い目と思う。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/29(火) 08:00:05|
  2. JR高山本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年8月 E655系<和/なごみ>  塩尻(JR篠ノ井線) 

IMGP3631-RE16.jpg

塩尻駅を発つE655系〈和/なごみ〉。

強い晴天下での列車撮影は画的にあまり好みではないと思っていたが、この列車は別かもしれない。
E655系〈和/なごみ〉の外装塗色は「漆色」で、光線具合によって褐色から紫色まで変化するという。
それらを観察するには太陽光線は間違いなく必要条件である。

この日は真夏の炎天、撮影者の腕も褐色になりました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/22(火) 08:00:05|
  2. JR篠ノ井線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年8月 383系<ワイドビューしなの>  塩尻(JR篠ノ井線)



篠ノ井線を往く383系〈ワイドビューしなの〉。

雲間から僅かに顔を出した夕陽が〈しなの〉を染める。
今回は小型三脚を使って低い位置から撮影してみたが、かえってポールとロープが目障りになってしまった。
やはりここでは高い位置からのほうが良かったかもしれない。

本命の列車はこの20分後に来るE001〈四季島〉。
しかし、〈四季島〉の到着前に太陽が黒雲に呑み込まれてしまい、肝心の露出を稼げずアウト。
改めて出直そう。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/15(火) 08:00:38|
  2. JR篠ノ井線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年4月 飛騨川橋梁巡り 久々野(JR高山本線)



新緑の益田川橋梁を往くキハ85。

飛騨川源流域に連続するダム群は乗鞍山塊からの雪解け水の本格的な流入によっていずれも満水状態で、
7トン/秒の放水が続いている。
この付近の水位上昇は30センチメートルほどで、三脚を立てたこの場所も平水時は陸地と思われる。
橋脚下付近ではルアーの釣り師が暫く粘っていた。
流れに濁りは全く無いが、この水の冷たさでは渓魚の活性も低かろう。

このカットでは水飛沫でカメラが濡れない程度に低位置から撮影してみた。
川面の動きを少しでも滑らかにしたかったので SS=1/250としたが、ほとんど効果は無かった。
ただし予想以上に〈ひだ号〉の運転速度は遅く、SS=1/30でも列車を写し止められたかもしれない。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/08(火) 08:00:05|
  2. JR高山本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年7月 TRAIN SUITE 四季島  塩尻(JR中央東線)

IMGP3617-RE7.jpg

夕闇の中央東線を往くE001〈四季島〉。

この日はE655〈和/なごみ〉の団臨運転日、暗雲に覆われた沿線は同業諸兄でほどほどの賑わい。
時折強く降る雨の中お疲れさまでした。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/01(火) 08:00:01|
  2. JR中央東線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キハ85完全引退後の撮影対象悩む

影鉄

Author:影鉄
  
撮影スタイルはマニュアル露出&
マニュアルフォーカス、三脚使用の置きピン・非連写・一発勝負。
当面はボディ1台、レンズ2本で
陽陰明暗な鉄道風景写真を目指します。

本ブログで紹介している写真・文章の無断転載・引用はご遠慮ください。

最新記事

最新コメント

お問い合わせ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カテゴリ

未分類 (0)
JR篠ノ井線 (28)
JR中央東線 (20)
JR中央西線 (82)
JR飯田線 (2)
JR高山本線 (422)
松本電鉄上高地線 (5)
赤沢森林鉄道 (20)
珈琲ブレイク (19)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: