fc2ブログ

汝、龍ノ如ク駈ケル

2014年から通い続けたJR高山本線。撮り貯めたカットはまだまだあります。

2015年6月 飛騨川橋梁巡り 下呂(JR高山本線)

IMGP2745-RE65.jpg

第6益田川橋りょうを通過する〈キハ40〉。
この鉄道橋は2010年まで人の通行が特別に許可されていたが、
写真でもお分かりのとおりに歩道部分は決して広くはない。
地元の人達は列車の通過していない時間を狙って渡っていたということだろう。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/28(木) 08:10:40|
  2. JR高山本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年2月 音無沢高架橋を往く115系長野色 藪原(JR中央西線)



雪の木曽路を往く115系長野色。
当時はさほど意識する車両ではなかったが、今となってみれば気合いを入れて撮影しておけば良かったと思う。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/25(月) 07:38:00|
  2. JR中央西線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年6月 飛騨川橋梁巡り 鷲原信号場(JR高山本線)

IMGP2653-RE73.jpg

30分ほど山を登って現われた眺望絶佳、眼下の鷲原信号場を〈キハ85〉が往く。
時間によっては離合する列車をこの位置からカットに収めることも可能である。
(なお、ここは線路直上にあたり、落石等には十分に注意が必要)

さて、S字カーブを描いて線路に並行するのは国道41号だが、
かたや集落を貫き、かたや集落を避けて高度を稼ぐその道程が興味深い。
撮影の合間、飛騨川の河原で農具を洗っていた地元のお爺さんから国道41号の旧道について伺った。
飛騨川に架かる2つの橋(カット中の七曲橋※と鷲原橋)が開通する以前の旧道は相当な崖路であったらしい。
実際にその崖路へ行ってみると乗用車同士のすれ違いも困難なほどの道幅しかないのだが、
往時は路線バスもその崖路を走ったそうだ。

※カット左下、木に隠れるように映るのが七曲橋。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/19(火) 08:05:00|
  2. JR高山本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年10月 飛騨川橋梁巡り 渚(JR高山本線)

IMGP1518-RE53.jpg

10月下旬、紅葉の景色を想って高山本線を訪れてみたが、見頃にはまだ早かった。
手の届きそうな位置にそれらしい葉色を見つけ、前ボケ気味に画角の片隅へ。

カットは早朝の第17益田川橋りょうを往くキハ40。
幾度となく訪れたこの鉄道橋だが、背後の山々には必ずといってよいほど朝霧が立ち込めていた。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/14(木) 08:05:40|
  2. JR高山本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年11月 木曽谷の林鉄を訪ねて 赤澤停車場(赤沢森林鉄道)

IMGP2764-RE57.jpg
(遊歩道より安全に撮影)

ガタゴトと低速で軌道を進むディーゼル機関車。
カーブ進入前に鳴った警笛が静かな木曽ヒノキの森に響き渡った。

・・・やはり前灯のアクセントは欲しいところ。
次回リクエストしてみよう。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/08(金) 08:05:40|
  2. 赤沢森林鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

キハ85完全引退後の撮影対象悩む

影鉄

Author:影鉄
  
撮影スタイルはマニュアル露出&
マニュアルフォーカス、三脚使用の置きピン・非連写・一発勝負。
当面はボディ1台、レンズ2本で
陽陰明暗な鉄道風景写真を目指します。

本ブログで紹介している写真・文章の無断転載・引用はご遠慮ください。

最新記事

最新コメント

お問い合わせ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カテゴリ

未分類 (0)
JR篠ノ井線 (28)
JR中央東線 (20)
JR中央西線 (82)
JR飯田線 (2)
JR高山本線 (422)
松本電鉄上高地線 (5)
赤沢森林鉄道 (20)
珈琲ブレイク (19)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: